チャイルドシートをお得にゲット【赤ちゃんにあったものを選ぶ】

ニュース一覧

お子さんとのお出かけに

子供

車でのお出かけに

これから赤ちゃんが生まれる方でチャイルドシートを買おうとしてる方、あるいは周りにお子さんのいる方がいて、チャイルドシートをプレゼントしようという方いらっしゃると思いますが、実はお子さんの年齢によって使うチャイルドシートの種類が違うことをご存知でしょうか。チャイルドシートは法律で6才未満の子供が車に乗るときには装着することが義務付けられていて、子育てには必要なものです。チャイルドシートは乳児用ベビーシートと幼児用チャイルドシートと学童用ジュニアシートに分かれています。乳児用ベビーシートは0才〜1才前後の子供が対象のもので、進行方向にチャイルドシート対して後ろ向きに装着するもの、また、背もたれが45度程度になっているものが多いです。そして、外してラックとして使えるものもあります。幼児用チャイルドシートは1才〜4才が対象で、乳児用ベビーシートとは逆に、進行方向と同じ向きに五点式ハーネスで固定します。そして学童用ジュニアシートは3才から4才以降が対象で、背もたれ付きのものと背もたれが付いていないものがあり、背もたれが無いものは背もたれが付いているものに比べてサイドからの衝撃に弱かったりと、安全面がやや低いですが、取り外しが簡単というメリットがあります。また、ぞれぞれを兼用したものや全てを兼用したものもあります。お子さんの年齢や体格、首が座っているかどうかなど、お子さんにあったチャイルドシートでドライブをお楽しみください。

RECOMMEND POST

ママと赤ちゃん

育児の便利アイテム

抱っこ紐は首のすわらない新生児期に使用するものと、首が座ってから使用するものでは違うものを使用します。首が座ってからの抱っこ紐は、腰にベルトがあって全身で赤ちゃんの体重を支えるタイプが体への負担が少ないです。

子供

備えあれば憂いなしのもの

チャイルドシートは車でのお出掛けの時、お子さんを守ってくれる便利な物です。必須でもあるため、成長に合わせて調節して使えるような物を設置しましょう。また、価格で選ぶのではなく、安全性と高品質という点で選ぶことが大事です。

Copyright© 2018 チャイルドシートをお得にゲット【赤ちゃんにあったものを選ぶ】 All Rights Reserved.