チャイルドシートをお得にゲット【赤ちゃんにあったものを選ぶ】

ニュース一覧

目的に合わせて選択をする

ママと赤ちゃん

複数を使い分けるのも良い

赤ちゃんを抱っこするために使う抱っこ紐には色々な種類があります。そのため、自分の希望や目的に合わせて選ぶことが大切です。また、抱っこ紐には対象年齢があります。首の据わっていない新生児の頃から使えるものは、横抱きにできてしっかりとした作りになっています。首が据わってからは縦抱きにすることも可能となるため、縦抱き用を利用することができます。新生児タイプの抱っこ紐の中には、縦抱きタイプに変形できる物もあるので、長くひとつの物を使いたい方には最適です。赤ちゃんを抱っこするとお母さんは、腰に負担がかかります。腰の負担がないように設計された抱っこ紐もあります。長時間抱っこをしなければならない時は、腰に負担の少ないタイプの物を使えば安心です。抱っこ紐の中には、折りたたんでコンパクトにできるなど持ち運びのしやすいタイプの物もあります。外出の際に鞄に入れておけば、いざという時に役立って便利です。歩き始めたばかりの赤ちゃんは、外出する時は歩きたがります。しかし、時間が経てば疲れて抱っこをせがむことがしばしば起きます。歩き始めて抱っこ紐が必要とないと思っても、しばらくは鞄の中にコンパクトに畳んだ抱っこ紐を入れておくと良いです。普段使いは腰に負担が少ない物を選び、旅行など外出の際はコンパクトに畳めるタイプを選ぶなど複数を使い分けるのも良い方法です。体系や身長は人それぞれです。実際に店舗で試着すると、失敗なくピッタリの物を購入することが可能です。

RECOMMEND POST

ママと赤ちゃん

育児の便利アイテム

抱っこ紐は首のすわらない新生児期に使用するものと、首が座ってから使用するものでは違うものを使用します。首が座ってからの抱っこ紐は、腰にベルトがあって全身で赤ちゃんの体重を支えるタイプが体への負担が少ないです。

子供

備えあれば憂いなしのもの

チャイルドシートは車でのお出掛けの時、お子さんを守ってくれる便利な物です。必須でもあるため、成長に合わせて調節して使えるような物を設置しましょう。また、価格で選ぶのではなく、安全性と高品質という点で選ぶことが大事です。

Copyright© 2018 チャイルドシートをお得にゲット【赤ちゃんにあったものを選ぶ】 All Rights Reserved.