チャイルドシートをお得にゲット【赤ちゃんにあったものを選ぶ】

ニュース一覧

ママと赤ちゃん

育児の便利アイテム

抱っこ紐は首のすわらない新生児期に使用するものと、首が座ってから使用するものでは違うものを使用します。首が座ってからの抱っこ紐は、腰にベルトがあって全身で赤ちゃんの体重を支えるタイプが体への負担が少ないです。

子供

備えあれば憂いなしのもの

チャイルドシートは車でのお出掛けの時、お子さんを守ってくれる便利な物です。必須でもあるため、成長に合わせて調節して使えるような物を設置しましょう。また、価格で選ぶのではなく、安全性と高品質という点で選ぶことが大事です。

ママと赤ちゃん

目的に合わせて選択をする

抱っこ紐には、対象年齢やコンパクトに畳んで持ち運びができるものなど様々な種類があります。利用する目的や用途に合わせて選ぶことが大切です。購入する際には、実際に自分で試してから購入すると失敗なく自分に合う物を選ぶことができます。

子供

お子さんとのお出かけに

チャイルドシートは実は年齢によって使う種類が違うことをご存知でしたでしょうか。乳児用ベビーシート、幼児用チャイルドシート、学童用ジュニアシートがありそれぞれを兼用したものや全てを兼用したシートもあります。

ママと赤ちゃん

正しい使い方を覚える

赤ちゃんが安全で安心できるグッズとして、抱っこ紐を使うことがあります。外出することが多いのなら、抱っこ紐を購入しておきましょう。出先のみならず、自宅に居る時にも使えるので、まずは自宅で家事をしながら慣れることも大切です。

お得に手に入れましょう

親子

補助金やリサイクル

赤ちゃんを車に乗せるためにはチャイルドシートは必ず必用なアイテムになります。しかしチャイルドシートは意外と値段が高いものです。特に新生児用のものは高く、いろいろな機能を備えたものの場合は、五万円くらいすることも少なくありません。1歳から使用できるジュニアシートは、新生児用のチャイルドシートと比較するとかなり価格が安くなりますが、ジュニアシートは首が座っていてある程度しっかりした体の赤ちゃんを対象としているので、新生児や小さな赤ちゃんを十分に保護できるものとはいえません。赤ちゃんの安全を考えると、価格より赤ちゃんにあったものを選ぶことが大切です。少しでも安くチャイルドシートを購入する方法として、市町村によってチャイルドシートを購入するための補助金を交付している市町村があります。お住まいの市町村のホームページで補助金について確認できますので、確認されてみることをお勧めします。また、補助金はなくても新生児用のものをレンタルできる場合もありますので、あわせて確認するようにしましょう。同様にリサイクルショップでチャイルドシートを探してみることも有効な方法のひとつです。特に新生児用はすぐに使わなくなってしまうものですので、比較的綺麗な状態でリサイクルショップに売られていることも多いです。リサイクルで購入できれっば、新品で購入するよりかなり安く手に入れることができます。赤ちゃんとドライブで楽しい思い出を作っていきたいですね。

RECOMMEND POST

ママと赤ちゃん

育児の便利アイテム

抱っこ紐は首のすわらない新生児期に使用するものと、首が座ってから使用するものでは違うものを使用します。首が座ってからの抱っこ紐は、腰にベルトがあって全身で赤ちゃんの体重を支えるタイプが体への負担が少ないです。

子供

備えあれば憂いなしのもの

チャイルドシートは車でのお出掛けの時、お子さんを守ってくれる便利な物です。必須でもあるため、成長に合わせて調節して使えるような物を設置しましょう。また、価格で選ぶのではなく、安全性と高品質という点で選ぶことが大事です。

Copyright© 2018 チャイルドシートをお得にゲット【赤ちゃんにあったものを選ぶ】 All Rights Reserved.